落語、立川談志の「芝浜」

「雁風呂」に続いて落語ネタです。立川談志芝浜
先日、立川談志をモデルにしたTVドラマがありました。
最近何か、林家三平や横山やすしなどお笑いを取り上げる番組が目立ちます。
名人、名演が懐かしがられているのでしょうか。談志の「芝浜」もそうです。
年の暮れになると「芝浜」が演じられます。私は談志の芝浜が好きでした。
談志独特の人情噺の演出があります。

「芝浜(しばはま)」を紹介します。古典落語の人情噺の中でも屈指の名作です。

魚の行商をしている勝(演者によって、勝五郎とか活とか、まあ、言いますが)は、
大の酒好きで、金が入るとすぐ飲んでしまって後はろくに仕事もしない。
貧乏長屋住まいで、女房に苦労をかけながら店賃(たなちん)も滞っているありさま。

年末のある日、このままじゃ年を越せないと女房に言われ、朝早く起こされ、
芝の魚市場にしぶしぶ仕入れに向かう。しかし外に出てみると、
まだ夜は明けておらず、市場は開いていない。
カカアのやつ、時を間違えて起こしゃあやがったな、と芝の浜で顔を洗おうとすると、
海中に革の財布を見つける。開けてみると中には四十二両という大金。
これは大したもんだと家に帰り、飲み仲間を集めてどんちゃん騒ぎをする。

翌日、勝はふたたび女房に朝早く起こされ、「こんなに呑んで支払いをどうするのさ、
早く仕入れに行っとくれ」と言われる。
勝は拾った金があるじゃねえかと言うが、女房は、そんなものは知らない、
おまえさん、夢でも見たんだろと言う。 あれは夢か?
金を拾ったのは夢で、大騒ぎで酒を飲んだのは現実か。
さすがに勝も自分が情けなくなり、一念発起、酒をきっぱり止めで働きはじめる。

それから三年。
懸命に働いた結果、もともと腕は良いので小さな店を構えることができた。
大晦日の晩、勝は妻の献身をねぎらい、頭を下げる。

ここで、女房は勝に例の財布を見せ、告白をはじめる。
お前さんが財布を拾ったのは本当だったんだよ、
あの日、拾った大金を見せられて困惑した、十両盗めば首が飛ぶと
いわれるのに、横領が発覚すれば夫は死罪だ。
思い余って長屋の大家に相談にいった。大家は財布を役所に届け、
妻は勝の泥酔に乗じて「財布なぞ拾ってない、すべて夢だ」と言いくるめることにした。
落とし主が現れなかったので、役所から財布の金が下げ渡された。
女房は、おまえさんが、好きな酒もやめて懸命に働くのを見るにつけ、
申し訳なくて、陰で手を合わせていたと泣く。

事実を知った勝はしかし、「とんでもねえ、おめえが夢にしてくれなかったら、
今ごろおれの首はなかったかもしれねえ。手を合わせるのはこっちの方だ」。
女房は夫の労をねぎらい、久し振りに酒でもどうかと勧める。
勝はおずおずと杯を手にする。「うん、そうだな、じゃあ、呑むとするか」
いったんは杯を口元に運ぶが、ふいに杯を置く。
「よそう。また夢になるといけねえ」。

江戸時代の三遊亭圓朝の三題噺が原作と伝えられています。
三題噺というのは、寄席で客席から三つのお題をもらい、
その場で落語をこしらえるものです。
「酔っ払い」、「芝浜」、「財布」という三つのお題をもらった圓朝が
即興で作った噺と言われています。
ちょっと、あまりにできすぎた噺です。
昭和期に三代目桂三木助などが演出して現在の形になりました。

しかし、談志は、洗練されて文学的になった三木助の芝浜に異議を唱えます。
妻の鑑(かがみ)のように演出される女房ではなく、
どこにもいる、しかし夫を思いやるおかみさんとして女房を演じます。
「おまえさんにウソをついていたことは本当に申し訳ない。腹が立つだろう、
長年連れ添った女房にウソをつかれたんだもの。どんなに打たれても蹴られても構わない。
でも、別れるとは言わないでおくれ。だっておまえさんが好きなんだもの。」
談志は最後の言葉をもっと短く、さりげなく言います。
でも、談志が演りたかったのはここだろうと思います。
談志の芝浜の聞き所です。 2014/12/05

コメント・お問合せをお寄せください

お名前 (ペンネーム可)

メールアドレス (任意、なくてもOK)

題名 (なくてもOK)

メッセージ本文

konnaii について

「こんないいオヤジ」 こと 今内祥雅(こんない よしまさ) と申します。 60歳。札幌市で妻と2人暮らし。 元公務員、現在は自営などその日暮らし。 「プロフィール」をご覧ください。
カテゴリー: 未分類 タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。