筑波山・ガマの油売りの口上と落語

次の記事の前座です。ガマの油売り
ガマの油売りの口上と落語を紹介します。
私は、筑波山で何度かガマの油売りの口上を見ました。
その前に落語の演目で面白いなあと知っていましたし、
さらにその前、私の叔父が、お祭りの縁日で見たガマの油売りを
自分なりに演出して宴会の時などに演じて見せてくれました。
行者風の衣装に、八巻、たすき掛け、一本刀を指してガマの油を
売り歩く人がいたそうです。その口上です。

サァーサァーお立ち会い、
ご用とお急ぎでない方はゆっくりと聞いておいで、見ておいで。
遠目(とおめ)、山越し(やまこし)、笠のうち、
物の文色(あいろ)と理方(りかた)がわからぬ。
山寺の鐘(かね)は、ごうごうと鳴るといえども、
童子(どうじ)来立って鐘に鐘木(しゅもく)をあてざれば、
鐘が鳴るやら鐘木が鳴るやら、とんとその音色がわからぬが道理だ。

サテお立ち会い、
手前ここに取りいだしたるは筑波山名物・陣中膏(じんちゅうこう)ガマの油。
(メーカーによっては陣中油とか蟇蝉噪(ひきせんそう)ガマの油)
そんなガマなら、うちの縁の下にもいるというお方があるだろうが、
それはオタマガエル、ヒキガエルといって、薬力(やくりき)と効能の足しにはならん。
手前、持ちいだしたるは、筑波山・四六(しろく)のガマだ。

四六、五六は何処で見分ける。前足の指が四本、後足の指が六本、これを名付けて
四六のガマという(つくばの同僚が見つけたガマは本当に四六だったそうです)。
これが住めるのは、これより は~るか北、常陸(ひたち)の国は筑波山の麓にて、
オンバコという薬草を食ろうて成長する。これが捕れるのは、
五月に八月に十月、これを称して五八十(ごはっそう)は四六のガマだ、お立ち会い。

山中深く分け入って、捕えましたるこのガマを、
四面(しめん)鏡ばりの箱の中に追い込む。するとガマは、
おのが醜い姿が鏡に映るのに驚いて、タラーリタラリと油汗を流す。
この油をすきとり、柳の小枝にて三七は二十一日の間、
とろーり、とろりと煮詰めたるのがこのガマの油だ。
赤いは辰砂(しんしゃ)、椰子(やし)油、テレメンテエカにマンテエカ。

この油の効能は、ひびにあかぎれ、しもやけの妙薬、まだある、
大の男が七転八倒する虫歯の痛みもぴたりと止まる。
まだある、出痔、いぼ痔、はしり痔、はれもの一切、切り傷一切に効く。
そればかりか刃物の切れ味を止める。

手前、持ちいだしたるは、鈍刀(どんとう)たりといえど、
先が斬れて元が斬れぬ、半ばが斬れぬという鈍(なまくら)ではない。
ご覧のとおり、抜けば玉散る氷の刃だ、お立ちあい。

目の前の白紙を一枚切ってお目にかける。ガマの油売り2
さあ、一枚の紙が二枚に切れる。二枚が四枚、四枚が八枚、
八枚が十と六枚、十と六枚が三十と二枚。三十と二枚が六十と四枚。
六十と四枚が一束と二十八枚。
(切った紙片を扇子で散らして)
春は三月落花のかたち、比良の暮雪は雪降りの形だ、お立ち会い。

かほどに切れる業物(わざもの)でも、
ガマの油を塗るときは、白紙一枚容易に斬れぬ。
さあこの通り、たたいて斬れない。押して斬れない。引いて斬れない。
拭き取る時はどうかというと、鉄の一寸板もまっ二つ。
(自分の腕に刀を当てて)触ったばかりでかように斬れる。だがお立ち会い、
こんな傷は何の造作もない。ガマの油をこうして付ければ、
たちどころに痛みが去って血がピタリと止まる。

サアーお立ち会い、お立会ちいの中に、それほど効き目あらたかな
このガマの油、いったい、いくらだろうというお方があるかもしれないが、
本日は、筑波山からはるばる浅草まで出張っての大安売り。
男は度胸、女は愛嬌、山で鳴くのはホーホケキョ、
筑波山の天辺から飛び降りたと思って、一貝が二百文というところ、百文でどうだ。
サアーどうだ、ガマの油の効能が分かったら、遠慮は無用だ。
どしどし買ってきな、買ってきな。買って行きやがれ!

落語にはこの後にオチがあります。
自分の腕に刀を当てると本当に切れてしまった。
なに、大丈夫、ガマの油を一回着ければ・・ 血が止まらねえ。そんな時は
もう一回着ければ・・ やっぱり止まらねえ。
お立ち会いの中に、血止め(薬を持っている人)はないか?

現在は、「筑波山ガマの油売り口上研究会」が結成され、
口上実演や講習、出前実演などの活動が行われています。 2015/04/06

コメント・お問合せをお寄せください

お名前 (ペンネーム可)

メールアドレス (任意、なくてもOK)

題名 (なくてもOK)

メッセージ本文

konnaii について

「こんないいオヤジ」 こと 今内祥雅(こんない よしまさ) と申します。 60歳。札幌市で妻と2人暮らし。 元公務員、現在は自営などその日暮らし。 「プロフィール」をご覧ください。
カテゴリー: 旅行, 未分類 タグ: , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。