札幌、新緑の季節

札幌もやっと暖かい季節になりました。
木々の新緑が目にまぶしいくらい鮮やかです。
一番葉の出るのが遅かったイチョウの街路樹が、やっと淡い黄緑色から
緑色に変わりました。一日一日葉の色が変わっていくのがわかります。

新緑の季節、5月下旬から6月上旬は、
一年のうちで、北海道が最も輝く季節だと思います。
札幌は今ライラック祭りです。例年ですと、ライラックの開花が
祭りに間に合わないこともありましたが、今年はすでに満開です。
ライラック(リラ)の香りが札幌に満ちています。

「新緑」といいますが、私が初めて本州に赴任した時、
皆さんが言っている「新緑」というのは、
私が思っているニュアンスとはちょっと違うなと思いました。

本州の人のいう「新緑」は、それまでにもある緑、冬にもある緑
(松や柑橘やアオキなど)に加えて新しく生じる新緑ではないかと思います。
北海道では、裸の木々に生まれてくる全く新しい「新緑」なのです。
その、色、鮮やかさのインパクトといったら、まさに「萌え出ずる緑」です。

寒い冬を耐えて、春を待ち焦がれていた北海道住民にとって、
この「新緑」は待ちに待った季節、その季節の色なのです。
本当に鮮やかですので、この季節、是非ご覧いただきたいです。2015/05/23

konnaii について

「こんないいオヤジ」 こと 今内祥雅(こんない よしまさ) と申します。 60歳。札幌市で妻と2人暮らし。 元公務員、現在は自営などその日暮らし。 「プロフィール」をご覧ください。
カテゴリー: 旅行, 未分類 タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。