夢の糖、「希少糖」について

皆さん「希少糖」ってご存じですか? 香川発夢の糖私はごく最近まで知りませんでした。虫歯予防のガムに含まれるキシリトールがその一つなのだそうです。甘みがあってカロリーはゼロ。甘いものを食べながらやせられる夢の糖なのだそうです。面白そうだと思って調べてみたところ、希少糖の研究経緯やそれを産業化する香川県の取り組みなど興味深いことがわかりました。希少糖について報告します。

希少糖(レアシュガー)は、「自然界に存在量の少ない単糖(糖の最小単位)」のことで、ブドウ糖など大量に存在する糖以外のことをいうそうです。そういえば、最近の飲料などで希少糖と表示されるものを目にするようになってきました。私は、商品化されているなら「希少」ではないじゃん、と思いましたが、それは希少糖を生産する技術が確立されたからです。
希少糖の一つD-プシコースは、砂糖に近い甘みがありながらカロリーはほぼゼロ。加えて、食後の血糖値の上昇を緩やかにし、内臓脂肪の蓄積を抑える効果があるそうです。糖=太りそう、というイメージがあって、ダイエットの人に敬遠されそうですが、太るとかメタボとか糖尿病を気にしないで甘いものが食べられるとすれば、食品産業などに大革新が起こる可能性があります。ただし、現在はまだ製造単価が高くて1gで1万円もするそうです。

この希少糖の研究と産業化は香川県が先導してきました。香川大学の何森健(いずもりけん)特任教授が、果糖を希少糖に変える技術を開発したことに始まります(1991年)。それまで、希少糖は生物に必要のない物質と言われていたそうです。自然界にある量がこれほど少ないということは生物にとって必要でないからだろう、という理由です。イズモリング 何森教授は、いずれ役に立つときが来ると信じて希少糖の研究を続けたそうです。たまたま大学の裏庭の土から希少糖を作る反応を触媒する微生物を発見しました。教授はその酵素を「微生物からのプレゼント」と呼び、現在は50種類以上ある全ての希少糖を人工的に作ることができます。D-アロースという希少糖は、抗酸化作用や抗ガン作用が認められているそうです。これからも研究によって新しい機能が見つかるかもしれません。この希少糖の体系を何森教授が明らかにし、環状の全体図が教授の名前を取ってイズモリングと呼ばれています。

この研究成果を見て香川県がすぐに動きました。香川県はこの研究を「地域資源」として捉え、県の重点施策として産業化に乗り出しました。香川大学に希少糖研究センターが設置されたのは2001年、県の希少糖研究研修センターが作られたのは07年です。社団法人希少糖普及協会が作られ、昨年は希少糖シロップ製造工場が県の肝いりで完成しました。
「かがわ希少糖プロジェクト」として、産業界、大学、行政がこぞって希少糖の振興を進めています。具体的には、食品への利用や、糖尿病など医薬品への応用が進められ、全国的な希少糖PR戦略がねられ、植物の生育調整作用や病害抵抗性増進作用が研究されています。希少糖を生産する植物の栽培の取り組みも行われています。すでに希少糖を使った商品は250種類以上にのぼっているそうです。大学で始まった研究が、新しい商品を生み、新しい企業や産業を作り出しています。
浜田香川県知事は、「うどんだけじゃない香川のかけがえのない財産」と希少糖を評価し、さぬき新糖香川県の一大産業に成長させたいと言っています。希少糖の国際学会が毎年香川で開催され、希少糖甲子園なる高校生の研究発表会が行われているそうです。
(かがわ希少糖プロジェクト http://www.pref.kagawa.lg.jp/kisyoto/ )

私は希少糖自体も最近知りましたが、この研究成果に加え、行政の対応の速さ、産業化の速さに関心しました。おそらく、県職員など関係者の中で、着目がするどく先見性のある人が希少糖の研究を見つけ、それを評価することのできる県職員がプロジェクトを仕組んだのだと思います。こういう行政のすばやさやそれを実行できる体制が全国的にあればなあと思います。 2014.06.07

コメント・お問合せをお寄せください

お名前 (ペンネーム可)

メールアドレス (任意、なくてもOK)

題名 (なくてもOK)

メッセージ本文

konnaii について

「こんないいオヤジ」 こと 今内祥雅(こんない よしまさ) と申します。 60歳。札幌市で妻と2人暮らし。 元公務員、現在は自営などその日暮らし。 「プロフィール」をご覧ください。
カテゴリー: サイエンス, 未分類, 農林業・自然 タグ: , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。