家内の面白いことば集「語録」

私の家内は、時々おもしろい言葉を口走ります。
口調もおもしろいのでいくつか紹介してみます(内輪ネタで恐縮です)。
家内は、北海道十勝地方足寄町の出身で(松山千春や鈴木宗男と同じ)、
縁あって私と一緒になったため、日本中あちこちを連れ回わされることになりました。
地元のほっかいどう弁のほか、各地の影響を受けたことばもあります。
もし興味がありましたら、家内の「語録」について聞いて下さい。

まずは家内の定番のことばから。
「訳わかんない」。「訳わかんな~い」(決まり文句です。わかってもわからなくても)。
「どゆわけ? そゆわけ」(そういう訳なのねという時)。
「信じられない、でも現実」。
「そんなバナナ、東京ばな奈」(そんなバカな、という時)。

「あぴょ!」(感嘆詞、驚いたりはっとした時に口に出る)。
「怖(こわ)いでちゅう」(本当に?)。
「かわいい!」(子供や犬猫の映像はもちろん、ミジンコや恐い顔の魚を見ても
かわいいと言います。水族館や動物園では連発!)。

家内はよく繰り返しことばを使います。
「かゆい、かゆい」、(または)「かい、かい」、(さらに)「かい、かい、かい!」。
「暑い、暑い」(夏場はうるさいくらい暑いと言います)。
「寒い、寒い」(冬場はよく寒がります)。
「ガス、ガス、ガス爆発」(火事のニュースなどで)。
「出前頼んでる、出前頼んでる」(プロ野球で、ペンチからブルペンへ
電話しているのを見た時)。
「ゲッチュ、ゲッチュ、さるゲッチュ」(野球のゲッツ-、ダブルプレーのこと。
さるゲッチュって何? ゲームの名前なんだって)。

家内は語呂合わせのことばが好きです。ダジャレです。
「結局、薬局」。
「余裕のよっちゃん」。
「許してちょんまげ」(許してちょうだい)。
「今が旬! 小栗旬」。
「そこが難点ノドあめ」(南天のど飴)。
「ラッキー、うっきー、はぐきー」(歯茎のこと?)。
「単調千歳鶴」(車に乗っていて道が単調な時、私の運転を察して)。

ほかにもいろいろ。
「失礼ぶっこき」(失礼こきました)。
「失敬だな、君!」(失礼な、と言いたい時にややかっこつけて言う)。
「店長、ひとり入ります♪」(飲食店などに客が入いるのを見た時)。
「ごめんくさい」(ごめんくださいのことで、車が家に突っ込んだ時などにも言う)。

「雪崩れ警報、発令中」(積んだものが崩れる、崩れそうな時)。
「やりたい放題、やったもん勝ち」(やってしまえばそれまでよ、やや批判的に)。
「火付けたら燃えそう」(な古い家、車で通っていて見つけたらまず言う)。
「野趣あふれる」(よく言う。家内は野趣あふれる情景が好き(かな?))。

「賞味期限」(食品の賞味期限にやたらとうるさい)。
「腐る」(食品が半日したら「腐る」という)。
同様に冷凍食品がすぐに「解ける」(そんなにすぐに腐ったり解けたりしないって)。

「私死んじゃうの?」 (体調が良くないと、すぐ「死んじゃう」という)。
「私死んじゃうの? 一回死ねってか? 死んだら生き返れない」(なんのこっちゃ?)。
「ひゃん」、「ひゃんちゃん」、「ひゃんこちゃん」(私や、犬またはダックスフンドの
ことをいう。もともとは、以前住んでいた隣家のダックスが「ひゃん」と鳴いていたことに
由来します。でも、私は犬と同列か?)。

「♪ バカは見る~、ブタのケツ」(昔、流行ったんだそうな)。
「♪ 行っ、ちゃっ、た~」(赤い靴はいてた女の子? 異人さんに連れられて)。
「ほたる~」(「北の国から」の田中邦衛の口まね)。
「こんどう~です」(近藤正臣の口まね)。
「社長、どっから声出してるんですか」(CMで、ジャパネットタカタの社長が
甲高い声を出すとまず必ず言う)。

ここからは、お国ことば編。
「じでんしゃ(自転車)」(じてんしゃでなく、じでんしゃ)。「がんけ(崖)」。
「おけつ」(「おしり」でも「けつ」でもなく「おけつ」、十勝地方ではそう言うそうな)。
「おむね」 (胸にまで「お」をつけなくてもいいのに)。
「にぎりっぺ」(お下劣)。
「どどめさす」(とどめを刺すの意)。
「どくろまく」(とぐろを巻くの誤り。らせん状リング状のものをいう)。

「ややこやしい」(ややこしいのこと。家内の母上もそう言います。
最近の発見で、十勝地方ではこういう表現があるそうです)。
「すれ違えられない」(すれ違えないこと。ほっかいどう弁の影響か?)。
「 (ブレーキ)かる」(駆る? ブレーキを踏むまたはかけるの意)。
「(U(ユー)かます」(Uターンする)。
「ベンベ」(外車のベンツのことを言う。BMWの誤りでは?)。

「ゴミ投げる」「手袋はく」(ほっかいどう弁、前作「ほっいどう弁について」参照)。
「ばくる」(ほっかいどう弁、交換する)。
「ジョッピンかる」(ほっかいどう弁、鍵をかける)。
ねじ式の簡易的な昔の錠を見て家内曰く「これはまさにジョッピンかるだべさ」。
~だべさ。~べさ。は、ほっかいどう弁。
「~だっぺ」(茨城言葉の語尾、茨城に毒されて、またはそれを意識してあえて言う)。
「霞ヶ浦」(霧や霞がかかっている時)。

「エアコンたく」(エアコンの電源を入れること。ほっかいどう弁の
「ストーブたく」から?。暖房だけでなく冷房の時にも「エアコンたく」言う)。
「内地思考」 (これには驚いた。内地(本州)「志向」ではなく内地「思考」。
料簡が狭く自分勝手な考えを、十勝地方では「内地思考」と言うそうです。
この中央に反発する意識と自負の表現に脱帽!)

最後に、家内の評で北海道日本ハムファイターズの選手など。

栗山監督 → また、采配ミスを栗返した。
中田 → 打率2割少しの4番打者。
大谷 → オオタニく~ん!。かわいいね。顔が小さいね。
陽 岱鋼 → ようちゃ~ん (時々声が裏返る)。
稲葉 → 百人乗っても大丈夫(イナバ物置)。
糸井 → ヨッピ。中国人の顔。バファローズへ 行っ、ちゃっ、た。
鶴岡 → つるちゃん。口ポカ鶴ちゃん。ホークスへ 行っ、ちゃっ、た。
西川 → ユニフォームが似合わない。着こなせない(胸の開いたユニフォーム姿が嫌い)。
近藤 → こんどう~です。
「増井と宮西は顔が似ていてよくわかんない」(なるほど)。

内川(ソフトバンク) → あご。あごで打ってみぃ。しゃくれ!
井口(マリーンズ) → フィリピーナ。
古城(ふるき、ジャイアンツ引退) → スケキヨくん(確かに、横溝正史原作の
映画「犬神家の一族」に出てくる佐清(すけきよ)のマスクに似ている)。
日馬富士 → このアマ!(安馬)。肌悪い。

口がいいとは言えませんが、家内の語録は楽しいです。
ただし、毎回ワンフレーズで聞かせられると、またかと思ってしまう昨今です。
この文章を家内に見せたらこう言いました。「身内の恥ををさらしてはんかくさい」。 
でも、少し楽しげでした。 2015/02/27

コメント・お問合せをお寄せください

お名前 (ペンネーム可)

メールアドレス (任意、なくてもOK)

題名 (なくてもOK)

メッセージ本文

konnaii について

「こんないいオヤジ」 こと 今内祥雅(こんない よしまさ) と申します。 60歳。札幌市で妻と2人暮らし。 元公務員、現在は自営などその日暮らし。 「プロフィール」をご覧ください。
カテゴリー: 未分類 タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。