安倍首相の戦後70年談話にもの申す。

今日は太平洋戦争が終わって70年の終戦記念日です。
この前日、安倍総理大臣が戦後70年談話を発表しました。
注目して聞いていましたが、少しばかり もの申したいと思います。

私がまず気になったのは、あのぶつ切れの、長々しい話し方です。
国会の答弁で勘に触れて早口で反論する阿倍首相とは違います。
正確に、ゆっくりと、原稿のとおり、記録や翻訳されることを意識して話したの
だと思います(一言一句間違ってはいけない、すべて計算された原稿だから)。

少し前までは、閣議決定をせずに首相個人の談話を表明するとしていました。
(それなら、何のための、誰に対する談話なのかと思いましたが)。
最終的には、閣議を経て日本国政府の見解として発表されました。

これを想像するに、首相は当初、戦後70年ということで、もう過去の戦争に
とらわれずに、将来に向かって新しい日本を築いていこうという阿倍カラーを
主張したかったのではないかと思います。しかし、安保法案の審議経過に加え、
公明党や自民党内の意向などでこういう形になったのでしょう。

50年目の「村山談話」は、先の戦争や国策をアジア諸国などへの「植民地支配」、
「侵略」と認め、「痛切な反省」と「心からのお詫び」を表明するものでした。
安倍首相はこれを基本的に踏襲すると言いながら、これら4つのキーワードは、
今回の談話では、自分の言葉では語らず、一般論や間接的表現として逃げました。

つまり、安倍首相は、これらの言葉を自分の本心としては
言いたくなかったのです。とりわけ「お詫び」には抵抗があったようです。

以前、安倍首相の発言で聞いたことがあるのですが、
「間違ったことをして、それを反省するのは当然だ、反省を表明してもいい、
しかし、その『お詫び』はそんなに何年も繰り返さなくていいのじゃないか」。
今回の談話でも、
「日本では、戦後生まれの世代が今や人口の八割を超えています。
あの戦争には何ら関わりのない、私たちの子や孫、そしてその先の世代の
子どもたちに、謝罪を続ける宿命を背負わせてはなりません」と述べています。

でも、そうでしょうか。喧嘩でぶん殴った方はそのことをすぐ忘れても、
殴られた方はそう簡単に忘れることはできません。
殴った方にしても、話をしようとする相手が、たとえ父、祖父の時代であっても
その相手を殴ったことを知らなくていいでしょうか。
相手は孫子の代でもきっとそのことを忘れていません。

先日、ドイツのメルケル首相が外国の戦跡で、かつてナチスが行った行為を恥じ、
深々とお詫びしている姿を見ました。
メルケル首相は、戦争の当時まだ生まれていなかったでしょう。
ドイツがナチスを排斥しようとするのは徹底していて、
ハイルヒトラーの敬礼に似た挙手や、ナチスのマークに似たものも違法です。
これほど徹底して、過去の過ちを悔いてお詫びをし続ける姿が
諸外国の信頼を得ることにつながっているのではないでしょうか。

戦後70年に当たって、日本のメディアは、沖縄や東京大空襲や原爆など
被害者としての国民を多く伝えますが、一方で中国大陸などで加害者であったことを
忘れてはなりません。家族を失った人の悲しみや思いに変わりはありません。

前の戦争を知っている世代の人たち誰もが
「戦争は悲惨だ、もう決して戦争をしてはならない」という重いことばを口にします。
日本が今日まで、70年間平和であり得たのは、戦争を放棄するという憲法9条を
国内外に宣言して、それを維持し続けたからではないかと思います。

今回の談話で、安倍首相は「憲法」ということばを全く口にしませんでした。
(アジア初の「立憲国家」という明治憲法のことを除いて)
国内及び諸外国に対して、日本は今後も、いっさい自ら武力行使をする意志は
ないと伝えることが「談話」に必要な最も重要なメッセージではないかと考えます。
2015/08/16

konnaii について

「こんないいオヤジ」 こと 今内祥雅(こんない よしまさ) と申します。 60歳。札幌市で妻と2人暮らし。 元公務員、現在は自営などその日暮らし。 「プロフィール」をご覧ください。
カテゴリー: 未分類, 歴史 タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。