七夕と「ローソク出せ」の祭り

8月7日は北海道の多くの地域で七夕祭りでした。
一般に七夕は7月7日が多いでしょうが、北海道では1か月遅れの8月です
(仙台の「七夕祭り」だって8月でしょう)。
この時期、子どもたちが浴衣を着て提灯を持ち、夕暮れから近所の家を回って
歌を歌いながらローソクを貰い歩く習わしがありました。
その歌詞から「ローソク出-せ」とか「ローソクもらい」といいます。

そもそも七夕は7月7日の行事です。
ところが、明治期に、それまでの月の満ち欠けに基づく太陰暦から
太陽の動きによる太陽暦に改められたことで混乱が生じました。
季節感からすると、新暦の7月は七夕には早すぎます。
そこで、旧暦のままで七夕祭りを祝おうという地域が出てきました。
しかし旧暦に従うと毎年七夕の日が違ってしまいます。
そこで北海道などでは1か月遅れの8月7日を七夕にしたというのが
一般的な説です(実は、七夕を7月に行う地域より8月に行う地域の方が
多いといいます)。

ところで、7月7日は何と読みますか?
普通は「しちがつ なのか」でしょうが、広島県では「なながつ ななにち」
と言う人がいてびっくりしたことがあります。7月7日7時7分は
「なながつ ななにち ななじ ななふん」です。
「7」を「しち」ではなく「なな」と読む傾向は、広島のみならず
関西地域に多いようです。27日を「にじゅうななにち」と読む人は
関西をルーツにする人ではないでしょうか。

七夕の時期に子どもたちの祭りで「ローソク出せ」があります。
♪「ローソク出ーせ-、出-せ-よ、
 出-さ-ないとカッチャクぞ(ほっかいどう弁で引っ掻くの意)、
 お-ま-け-に喰いつくぞ、ローソク出ーせ-、出-せ-よ」
と囃しながら隣家を巡ります。

近年ではローソクだけでなくお菓子を配ってくれる家が多いようですが、
私が子どもの頃はローソクだけでした。
各戸で「ローソク出せ」の時に合わせてローソクを用意しています。
太い大きなローソクから小さいものまでたくさん集まりました。
その後、そのローソクを大人がどう処理したのかは知りません。

一説によると、この習慣は青森の「ねぶた」に由来しているといいます。
函館市やその周辺地域では、かつて青森にならって
ねぶた行列が行われていたそうです。
そのねぶたの照明のためとか、ねぶたが行われるぞというアピールのために
子どもたちの「ローソク出せ」が行われたというのです。

また一説では、七夕は盆の入り口の行事であり、盆を7月に行うか
8月に行うかで七夕の日が異なるそうです。盆灯籠や供養のためのローソクは
用意されています。そのローソクを狙うか、盆の準備はできているかと
囃すのが「ローソク出せ」ではないかというのです。
ちなみに、北海道では8月の盆と七夕が一般的ですが、函館周辺や根室など
古い港町では7月に行われています。

現在でも函館市ほかでは「ローソク出せ」が行われているそうです。
私の住んでいた地域では、教育上よろしくないという理由で
間もなく中止されました。
何かハロウィンに似た行事と言われることもあります。
しばらく忘れていた「ローソク出せ」ですが、ほんのり思い出すとともに、
調べてみるといろいろと謂われや歴史があるものです。 17/08/09

konnaii について

「こんないいオヤジ」 こと 今内祥雅(こんない よしまさ) と申します。 60歳。札幌市で妻と2人暮らし。 元公務員、現在は自営などその日暮らし。 「プロフィール」をご覧ください。
カテゴリー: 旅行, 未分類, 歴史 タグ: , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。