七夕と「ローソク出せ」の祭り

8月7日は北海道の多くの地域で七夕祭りでした。
一般に七夕は7月7日が多いでしょうが、北海道では1か月遅れの8月です
(仙台の「七夕祭り」だって8月でしょう)。
この時期、子どもたちが浴衣を着て提灯を持ち、夕暮れから近所の家を回って
歌を歌いながらローソクを貰い歩く習わしがありました。
その歌詞から「ローソク出-せ」とか「ローソクもらい」といいます。

そもそも七夕は7月7日の行事です。
ところが、明治期に、それまでの月の満ち欠けに基づく太陰暦から
太陽の動きによる太陽暦に改められたことで混乱が生じました。
季節感からすると、新暦の7月は七夕には早すぎます。
そこで、旧暦のままで七夕祭りを祝おうという地域が出てきました。
しかし旧暦に従うと毎年七夕の日が違ってしまいます。
そこで北海道などでは1か月遅れの8月7日を七夕にしたというのが
一般的な説です(実は、七夕を7月に行う地域より8月に行う地域の方が
多いといいます)。

ところで、7月7日は何と読みますか?
普通は「しちがつ なのか」でしょうが、広島県では「なながつ ななにち」
と言う人がいてびっくりしたことがあります。7月7日7時7分は
「なながつ ななにち ななじ ななふん」です。
「7」を「しち」ではなく「なな」と読む傾向は、広島のみならず
関西地域に多いようです。27日を「にじゅうななにち」と読む人は
関西をルーツにする人ではないでしょうか。

七夕の時期に子どもたちの祭りで「ローソク出せ」があります。
♪「ローソク出ーせ-、出-せ-よ、
 出-さ-ないとカッチャクぞ(ほっかいどう弁で引っ掻くの意)、
 お-ま-け-に喰いつくぞ、ローソク出ーせ-、出-せ-よ」
と囃しながら隣家を巡ります。

近年ではローソクだけでなくお菓子を配ってくれる家が多いようですが、
私が子どもの頃はローソクだけでした。
各戸で「ローソク出せ」の時に合わせてローソクを用意しています。
太い大きなローソクから小さいものまでたくさん集まりました。
その後、そのローソクを大人がどう処理したのかは知りません。

一説によると、この習慣は青森の「ねぶた」に由来しているといいます。
函館市やその周辺地域では、かつて青森にならって
ねぶた行列が行われていたそうです。
そのねぶたの照明のためとか、ねぶたが行われるぞというアピールのために
子どもたちの「ローソク出せ」が行われたというのです。

また一説では、七夕は盆の入り口の行事であり、盆を7月に行うか
8月に行うかで七夕の日が異なるそうです。盆灯籠や供養のためのローソクは
用意されています。そのローソクを狙うか、盆の準備はできているかと
囃すのが「ローソク出せ」ではないかというのです。
ちなみに、北海道では8月の盆と七夕が一般的ですが、函館周辺や根室など
古い港町では7月に行われています。

現在でも函館市ほかでは「ローソク出せ」が行われているそうです。
私の住んでいた地域では、教育上よろしくないという理由で
間もなく中止されました。
何かハロウィンに似た行事と言われることもあります。
しばらく忘れていた「ローソク出せ」ですが、ほんのり思い出すとともに、
調べてみるといろいろと謂われや歴史があるものです。 17/08/09

カテゴリー: 旅行, 未分類, 歴史 | タグ: , , , , | コメントする

国産・民間初の宇宙ロケットMOMO(モモ)

去る7月30日、国産で民間初のロケットMOMOがMOMO打ち上げ
北海道・十勝管内大樹(たいき)町で打ち上げられました。
残念にも、途中でデータが途絶えてしまい、エンジンを強制停止させ、
高度100km(百=もも)の宇宙には達しませんでしたが、
我が国の民間宇宙技術、宇宙産業にとって大きな一歩を築きました。
MOMOと大樹町のことをレポートします。

MOMOは全長約10m、直径約50cm。
その姿から「電柱」ロケットとも呼ばれました。
JAXAのHⅡAロケットは全長53m、重さ2トン、
比べるまでもありません。
大樹町のベンチャー企業「インターステラテクノロジズ(株)」
(IST、稲川貴大社長)が民間単独で開発したロケットで、
とにかく低コストで人工衛星を打ち上げることを目的にしています。
今回のMOMOは試作機で、高度100km以上、4分以上の無重量状態を
観測することが目的でした。

「高級車のフェラーリに対して、原付バイクのスーパーカブ」を目指すと
稲川社長と堀江貴文氏は言っています。
堀江氏はISTの創業者で、ISTのロケットは「ホリエモンロケット」と
呼ばれることもありました。
秋葉原で買えるような部品を使い、ロケットの設計から製作・打ち上げまで
14名という少人数の社員で行いました。
すべて、将来のスーパーカブの人工衛星打ち上げを目的としています。

当初は7月29日の打ち上げを予定していましたが、あいにくの悪天候のため
翌日に延期され、当日も濃霧だったのですが、ラストチャンスの時に
MOMOは打ち上げられました(集まってくれた約500人の観客の
ためだったと思います)。
観客からは、ロケットの炎が見えなくなるまで大きな歓声が上がっていました。
ある専門家の方の評価によると、「今回の打ち上げは、及第点の80点。
データが途絶するまで推進力も姿勢制御も完璧、しかも、観測不能となると
緊急指令でロケットを停止させ安全ブレーキも証明された」。
今回の失敗の原因を究明し、次につなげていってほしいと思います。

ところで、今回の打ち上げは、なぜ北海道大樹町だったのでしょうか。
大樹町は、約30年ほど前から「宇宙のまち大樹町」を標榜して
宇宙産業の誘致に努力しています。
先日、十勝地方に出かけた機会に大樹町に行ってきました。

大樹町は、東は太平洋、西は日高山脈に囲まれていますが、十勝平野の
南にあたり、平坦な農地や牧草地が広がっています。
大樹町の「道の駅」でMOMOの打ち上げの場所を聞いてみました。
すると親切な店員さんがいろいろ教えてくれました。

「30年ほど前にJAXAの宇宙基地を巡って種子島町と争ったことがある。
緯度の関係で敗れたが、大樹町は「宇宙のまち」をあきらめたことはない。
JAXAの宇宙研究施設や、ISTがあり、同じく民間ロケット開発企業と
北海道大学との「CAMUI(カムイ)ロケット」を打ち上げたことがある。
バルーン(気球観測機)の世界最高高度を出したこともある。
宇宙交流センターSORAへ行ったらいいですよ。MOMOが打ち上げられる
すぐそばです。」
行ってみました。公開施設は1棟だけで、展示は下手くそでしたが、
「ホリエモンロケット」の地元報道ほかの展示を見ることができした。
この施設は「宇宙のまち」を夢見た町民の方々の意志を感じました。

大樹町へは帯広から車で約1時間かかりますが、とかち帯広空港からは
約30分です。
大樹町は「コスモスの町」でもあり、これからの季節、宇宙交流センターの
ある大樹町へ出かけてみてはいかがでしょうか。 17/08/07

カテゴリー: サイエンス, 旅行, 未分類 | タグ: , , , , | コメントする

続・熊出没 ! 注意 !

またまたご無沙汰してしまいました。
昨年6月、「熊出没!注意!」という雑文を紹介しました。
今年もクマの出没が多いようです。
「熊出没!」の続報です。
続きを読む

カテゴリー: 旅行, 未分類, 歴史, 農林業・自然 | タグ: , , , , | コメントする

たたら製鉄について -日本刀の素材「玉鋼」

「たたら製鉄」をご存じですか? 日本古来の砂鉄を使った製鉄法です。
宮崎駿監督の映画「もののけ姫」で、山の女たちが製鉄のためのたたらを
踏んでいたのをご覧になった方も多いと思います。
「たたら(踏鞴)」とはフイゴのことで、木炭を燃やす時に空気を送る装置です。
私が広島県にいた時、中国山地にたたら製鉄の史跡が多くあることを知り、
そのいくつかを訪ねました。たたら製鉄のことをご紹介します。
続きを読む

カテゴリー: 旅行, 未分類, 歴史, 農林業・自然 | タグ: , , , , , | コメントする

北大・恵迪寮について

先日、「北海道開拓の村」に行ってきました。
この施設は、札幌市野幌(のっぽろ)森林公園にあり、
北海道開拓当時の古い建物を移築して展示している野外博物館です。
今の時期は、馬ソリで園内を案内するオブションが行われています(夏季は
鉄道馬車になります)。外国人観光客が個人で訪れる人気の施設です。
展示の中に旧・北大恵迪(けいてき)寮があり、久しぶりに訪れました。
恵迪寮についてご紹介します。
続きを読む

カテゴリー: 旅行, 未分類, 歴史, 音楽 | タグ: , , , , | 1件のコメント

この時期、道路はヒビ割れ・穴ボコだらけ

3月になって寒気が緩み、札幌はずいぶん雪が溶けました。
(それでも積雪はまだ65cmです)
幹線道路は雪や氷がなくなり、路面が見えるようになりました。
北国のこの時期、困るのは道路がヒビ割れ・穴ボコだらけなことです。

続きを読む

カテゴリー: 未分類, 農林業・自然 | タグ: , , | コメントする

台湾旅行に行ってきました -のほほん旅日記

先月、台北ほか台湾旅行に行ってきました。
私の目的は故宮博物院、家内は景勝地・九份と
パンダのいる台北動物園でした。
今、「一つの中国」を巡って、米国のトランプ(台湾では川普)大統領の言動が話題になっていますが、台湾ではどう思われているのか興味がありました。
ところで、台湾は寒かった。
続きを読む

カテゴリー: 旅行, 未分類, 歴史 | タグ: , , , , | コメントする

足寄より

長い間投稿しないで申し訳ありません。私のPCシステムのトラブルがあったり、
加えて、このページに対する悪意の改ざんがあったようで、
一時全く見えなくなってしまいました。申し訳ありません。
さて、本文です。
北海道十勝地方・足寄(あしょろ)町は、私の家内の出身地です。
今年の正月は家内の実家で過ごしました。
「足寄より」は、足寄町出身のシンガーソングライター松山千春が
79年に出版した自伝小説です。その後、07年、「旅立ち~足寄より~」が
映画や舞台になりました。昨年末そのTV放送を見て感じる所がありました。
続きを読む

カテゴリー: 旅行, 未分類, 農林業・自然, 音楽 | タグ: , , , , , , | コメントする

JR北海道、全線の半分が維持困難

JR北海道の島田社長は18日、運営する路線のうち10路線13区間が
JR単独では維持困難であり、抜本的な見直しを行うと表明しました。
その路線・区間の延長は 1237kmに及び、JR北海道全線の半分に当たります。
バスへの転換や、自治体が一部施設を所有するよう地元と協議するとしています。
言うならば、もはや公共交通としての役割を果たすことができない、
赤字路線の放棄と地元負担を求めることを表明したのです。
続きを読む

カテゴリー: 旅行, 未分類, 歴史 | タグ: , , , , , | コメントする

祝 日本一! 日本ハムファイターズ

日ハム日本一

今年のプロ野球は、パリーグ優勝の日本ハムファイターズが、セリーグ覇者の広島東洋カープを破って日本一に輝きました。
前作で「がんばれ広島カープ」と書きましたが、それはそれ、北海道のチーム、ファイターズが日本シリーズに進出したとなれば
もちろん応援しますし、日本一になったことを喜びます。
おめでとう、日本一!あっぱれ 北海道日本ハムファイターズ!
続きを読む

カテゴリー: 旅行, 未分類 | タグ: , , , | コメントする